カラーシミュレーションについて

Leaf Design(リーフデザイン)では
お家のカラーシミュレーションを
親身になって承ります!

果たして色決めをお客様にお任せする事が
本当にお客様の為でしょうか?

日本塗料工業会から販売されている
色見本だけでも600色以上あります。

塗装で好みの色を決めようと思っても
塗装は外壁・屋根だけではなく
破風・軒天井・樋・水切りなど他にも
色を決める箇所があるのです。

そのような中で
外壁や屋根の色見本サンプルだけを
お渡ししてお決めして頂くのは
不親切なことだと考えます。

当社ではお客様のカラーのご相談を親身になって承ります!

Leaf designでは
新築を建てた時のような感動のアドバイスをお手伝いします!

いざ色を選ぼうと思うと自分の家には
何色が合うんだろう?
イメージを変えたいけど〇〇色は似合うのかな?
など悩みが多くあることに気が付きます。

色選びの傾向としまして概ね2パターンに分かれます。

1つ目は今の色が気に入っているので
あまり色を変えないパターン

2つ目はがらっと今の色からは
変えたい!

2つ目のがらっと色を変えたい時は
お好みのイメージやお好きな色をお教え下さい。
【モダンな感じにしたい】
【この色やこの色が好きなんだけど】
などを教えて頂けましたら
お家の色彩提案をさせて頂きます!

色の属性とは

色の属性とは ①色相・②明度・③彩度 
の3つを指します。
①色相とは色味を指します。

色相環

こちらを色相環といいます。

代表的な色に中間色を加えた20の色相を表しています。
ここでのポイントは色相の反対側にある色を
補色といいお互いを引き立てる色と言われてます。

②明度とは色の明るさの事です。

明度とは色の明るさの事です。

こちらの画像は同じ色相ですが明度が高くなると
白色に近づき明度が低くなると黒色に近くなります。

③彩度とは色の鮮やかさを表します。

③彩度とは色の鮮やかさを表します。

彩度が高い色を原色や純色と呼びます。
彩度を下げていくと鮮やかさが減り
くすんだ色に変化していき最後には
無彩色(灰色)となります。

外壁塗装では彩度が高すぎる家や
3色以上の外壁塗料を使うとごちゃっとなり
易く失敗パターンになる為注意が必要です。

■面積効果に気を付けましょう

面積効果とは同じ色でも大きさが変わると
見え方が変わります。
同じ色でも広がると明るく見えたり
薄く見えたりします。

■面積効果に気を付けましょう

カラーシミュレーションとは?

実際にお客様のご自宅を撮影し
パソコンやiPadなどでお好みの色の
シミュレートをご提示致します。

小さなカラーチャートよりもご自分のお家全体が分かる為,色味が伝わりやすくイメージが湧きやすいのが特徴です。

建物には色を変えれない部分が存在します。
窓枠や玄関、ベランダのアルミ製品などです。
これらの部分を総合的に照らし合わせて屋根と外壁の色を決めていき,そのお家に合う付帯部分の提案を致します。

※天気や画像の明度によって色に多少のばらつきが出てしまう場合があります。
※お決めになる際は必ず実際の色見本長や塗り板で実際の色の確認を致します。
※塗り板発注には1週間程度の時間を要します。